macOSをCatalinaにアップデートした後にファイル共有(SMB)できない際の解決方法

iMacをCatalinaの10.15.1にアップデートしたらファイル共有ができなくなりました。

自分のファイル共有の使い方は、iMacに接続した外付HDD内のファイルを共有し、iPhone7(iOS13)内のファイルエクスプローラ系アプリのSMBでアクセスするという使用方法。

前日まで使えていがCatalinaにしたらアクセス権がありません系のエラー。iOS13にしてからも使えていたのでCatalinaが原因なのは明らか。その解決方法です。

解決方法

システム環境設定
> 共有
> 左ペインのファイル共有チェックを外し共有設定を一旦オフ
> チェックをいれ再度オン
> セキュリティとプライバシーのフルディスクアクセスにsmbdが表示されたことを確認
> 共有したいフォルダを指定し直す

これで解決しました。要は一旦リセットのような基本的なことだったようなのですが…これにたどり着くまでに1日かかりました。
セキュリティが厳しくなったのかなんなのか、これをするとプライバシーのフルディスクアクセスにsmbdがチェック状態で出てきました。

詳細画像

システム環境設定を開き共有へ移動

setting-sharing

ファイル共有チェックを一旦オフ

sharing-on

sharing-off

ファイル共有チェックを再度オン

sharing-on

システム環境設定 > セキュリティとプライバシーのフルディスクアクセスにsmbdが現れチェックが入っているか確認

privacy-smbd

その後ファイル共有を設定し直したら無事iPhoneのファイルエクスプローラアプリからもアクセスできるようになりました。

コメントはお気軽にどうぞ