映画 – ファニーゲームU.S.A.

ちょっと卵が欲しいんで分けてくれませんか?

映画「ファニーゲームU.S.A.」のレビュー、感想、評価です。

内容の詳細に関する事は感想(ネタバレ)に書きます。

評価

★★☆☆☆

ファニーゲームU.S.A. [DVD]

(補足)
★★★★★ 素晴らしい、また観たい。何回も観るほど良くなる。
★★★★☆ なかなかいい。もう一回観るかはわからないが満足。
★★★☆☆ 普通。二回は観ない。
★★☆☆☆ 観なくても良かった。
★☆☆☆☆ 時間の無駄だった。

予告トレーラー

あらすじ

アン(ナオミ・ワッツ)とジョージ(ティム・ロス)の夫婦は、息子を連れて、バカンスを過ごすために湖の別荘を訪れる。到着早々、隣の住人と一緒にいる白いポロシャツ、白い手袋という出で立ちの二人組みの青年と出会う。アンが夕食の支度を進めていると青年の一人、ピーター(ブラディ・コーベット)が、卵を分けて欲しいと訪ねてくる。丁重なその態度にアンは快く卵を渡すが、彼はそれを床に落としてしまう。割れてしまった卵を掃除するアンに、ピーターは再度卵を要求。渋々渡して追い返すと、玄関先で犬が吠え出す。アンが様子を伺うと、そこにはピーターの他にもう一人の青年ポール(マイケル・ピット)が立っていた。犬に吠えられて卵を落としてしまったのでもう一度もらえないかと要求するピーター。アンは怒り出し口論となるが、そこへジョージが帰宅。口論が激しさを増す中、ジョージがポールを平手打ち。ピーターはゴルフクラブを手に取ってジョージの膝を打ち砕く。これを合図に残忍な本性を現した二人は、一家を居間に押しやり、薄笑いを浮かべると“今から12時間後にお前たち3人が生きているか死んでいるか、賭けをしよう。”とゲームの開始を宣言。初めは悪い冗談と思っていたものの、二人の行動は次第にエスカレートし、一家をジリジリと追い詰めてゆく。脱出を試みるアンとジョージだったが、青年たちは常に一歩先を読み、彼らの行く手をふさぐ。やがて、二人が一緒にいた隣家の住人を惨殺していたことも明らかになる。刻々と迫るタイムリミットの中、一家の生き残る道は残されているのか……。
(MovieWalkerより引用)

感想

全く何がしたいのかわからなかった。宣伝やジャケットの雰囲気からなにか残酷なスプラッター系を想像し、ファニーなゲームと言うんだからなにか独特な感じがあるのかなとは思っていたけど。しかしながらその期待を裏切ると言うのがこの映画のすべてだったのかもしれない。その理由を下の感想(ネタバレ)の方で書きます。

感想(ネタバレ)

まず初めにびっくりしたのが、その主人公というか青年の一人が画面の観てる人に話しかけてくる。こんな映画は今までなかったからそこでまず異様な感じを出してた。観てる人と映画の世界は感情移入意外の方法以外では普通は交わることはないのが映画、といった所がそこでまずおかしくなる。

そのあとは普通に進むけど特に残酷なシーンがあるわけでもない。むしろ残酷なシーンはあえて映されていないかのようで、実際二階で息子が殺されてしまう肝心な場面では、もう一人の青年がキッチンで食べ物を探してるところのカットで、上で銃声がすることでしか表現されてない。そして奥さんを旦那さんの前で裸にさせる。その後普通だったら想像してしまうような事も起きず、青年たちは、はいOKじゃあもう服きていいよ。なんて事も言うもんだ。

そして何よりとんでもないのが、青年が映画の中でリモコンの巻き戻しボタンを押すと映画が巻き戻る。家族の奥さんが隙を見て青年の1人を射殺するけど、それは巻き戻されて、その展開にならないように再度その場面がやり直される。

最後の方で青年たちが現実と虚構か何かの話をしていたので、何だまさかの虚構オチか?!なんて事もよぎったけど、特にその会話にも意味はないようで、そのまま物語の初めと同じ展開になり、青年たちの次のゲームが始まっていくという感じ。

そして最後の青年のカメラに向かってするドヤ顔といったらなかった!!あのドヤ顔!とんでもないドヤ顔!おそらくやっぱり言われているとおり、既存のスプラッター映画に対する批判的な映画だったのかもしれない。あなたたちの思い描いていた想像と全然違ったでしょ?ドヤ!!!ってのが最後のドヤ顔だったとしか自分には感じられませんでした。確かにまんまと全てを裏切られて、あのドヤ顔には腹が立ったし、もともと僕はあのタイプの顔があんまり好きじゃないから余計腹が立ったね!あの口ね!まあそれは置いといて。

そういえば彼らの全身真っ白な服装。普通であればあれが真っ赤に染まるんだろうな、的な期待も裏切られるしね。でも全体的に緊張感はかなりあって、なにかその辺にもいそうな青年たちの狂気というか、そういうのがとても生々しかったです。

ファニーゲームU.S.A. [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2009-06-26)
売り上げランキング: 42,144

映画 – ファニーゲームU.S.A.」への2件のフィードバック

  1. カナブン

    時間割いて観てくれたのに申し訳ない…(笑)
    残酷なシーンは映さなかったのが意外だった!巻き戻しシーンは、私が変なボタン押しちゃって巻き戻しちゃったのかと一瞬焦った!(笑)
    あのドヤ顔!実はちょっと好きだったりする!(笑)

    こっしーの感想が聞けてよかった( ´ω`)ありがとう☆

    返信
    1. tkoshimizu 投稿作成者

      そんな!こんなにいっぱい語る事ができるほどの映画だったということで!笑
      確かに巻き戻し展開は全く予想外で何が起こってたかわかんなくなっちゃうくらいだったね!笑
      あのドヤ顔が好きだなんて!おれはどちらかというとぽっちゃりの方がまだよかったかな!笑

      こちらこそ教えてくれてありがとう!!

      返信

コメントはお気軽にどうぞ